スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Z/Xを始めてみようという人へのデッキ講座的なやつ その3

5.実際に組んでみる
では実際にデッキを組むとしてどうするかというと、
デッキレシピを探してきてそこから自分で改変を入れていくパターンと1から作るパターンがあります。

TCGで大会優勝デッキの完コピーを作るのは慣れたり強くなる上で重要だとは思いますがデッキを作るという楽しみを失ってしまうことはとても残念なので使わない、使うとしてもできれば改変を入れましょう。そのほうが勝ったときの喜びが倍増します。
また、某国民的カードゲームと違い運要素も多少入っているのでおそらくどんなデッキでもしっかり組めば勝つことができるので1から作っても楽しむことができます。

従って、今回は1から作るパターンを使います。
今回は黒獣の闘剣と黒焔の秘石を1つずつ使ってみます。

まずはじめに、これらのことを考える必要があります。

・コンセプト
・IGアイコン持ちカード
・メタ対策

まずはコンセプト。
これは使用する色だったり種族だったりをある程度統一する、特定のカードを主軸にする、低コストで攻める(ウィニー)が例として挙げられます。

今回は
赤と黒で組む ズィーガーを使う 低コストで攻める
と決めてみました。

よってまずはズィーガーを採用。
漆黒の刃 ズィーガー ×2
上柚木綾瀬 ×1 (プレイヤーカード)

次にIGアイコン持ちカード。
ズィーガーを使うのでチャージ関連のカードを採用。
デッキの色は赤と黒なのでなるべく色を分けること。

今回は低コストで攻めるので2コストのカードを多めに使います。
蠱惑の魔人ラスキウス(F) ×2
罰の魔人 ポエナ ×2 (VB)
聡明な銀 シルバーフォックス ×2 (VB)

そして3コストはパワー負けしないようにパワー5000を主に採用します。
孤独の魔人 ソリトゥス ×4
紅の牙 ルビーハウル ×1
骨蛇 スケルタルヴァイパー ×4
かぼちゃお化けのジャックランタン ×2 (LR)
厳しい杉石 ルブライトエレファント ×2 (LR)
月影葬送牙 ×1

最後はメタ対策ですがいかんせんカードプールが少ないので万全とは言えませんが、
デステニーベインに破壊されない4コスト以上ゼクスと1撃で倒せる6コストバニラを採用
支配の魔人 イムペリウム × 4
獰猛な虎目石 タイガーズアイ ×3 (ES)
鋭い黒曜石オブシダンアリゲータ ×2
接合魔人 ヒュージコープス ×2

さて、ここからは足りなそうな部分を追加していきます。
ここから先は慣れないと何が足りないのか全くわからなくて戸惑ってしまうところです。
本当なら実際に対戦して変えていくとわかりやすいのですが・・・
とりあえず困ったら今までにデッキに入れたカードと似たようなカードをコストのバランス(4のマナカーブ関連)をみながら入れていきましょう。


この時点でイベントが1枚だけというのは相手ターンに動きづらいのでイベントを増やします。
今回はこちらが低コスト主体なのでダメージ補助や高パワー対策として
相手のゼクスにダメージを与える、破壊するカードを選びます。
爆散する石炭 ×2
ファングクラッシュ ×4

イベントは10枚より少ないほうが無難です。3~6でしょうか。

さらに低コスト主体なので手札の消費が多いだろうと推測して回収効果を持ったカードを採用します。
冥司教 スケルタルビショップ ×3



さてここまでで42枚(プレイヤー除く)。何か忘れていませんか?
そう、スタートカードです。今回使用する構築済みデッキには効果持ちスタートカードは収録されていないのでバニラを採用します。
ついでに3コスト増加もかねて複数採用しておきます。
死の鎖 ケッテ ×4 (スタートカード)

残り4枚。残念ながら良さげなカードが残ってないので3コストを入れておきます。
ちょうどパワーアップする効果を持っているカードがあったので採用。
俊足の電気石 トルマリンホーク ×4

はい、一応完成です!

ちょっと早めだったけど流れはつかめていたと思います。黒獣の闘剣2つ使ったほうが強いなんて言わない。
一応構築済みデッキ1つとスタートセット1つに収録されているカードからデッキが組めましたね?


ちなみにリソースカーブはこんな感じ

1 0
2 ********8
3 *************************25
4 ********8
5 **2
6 ****4
7 ***3

6.デッキを組んだ後に

前章でとりあえずデッキが完成したわけですがカードプールが乏しくてちぐはぐなカンジなのは否めません。
が、VB、LR、ES、プレイヤーカード参照効果、チャージをコストとする効果などといった基本的なものはつめこんであります。
慣れるには十分なデッキだと思います。
1つデッキが完成すれば誰かと対戦してみてください。やっぱりこれいらないとか、こんな状況が多いから打破するカードが欲しいとか思うはずです。
それを考えてカードを入れ替えていけばいつかは納得のいくデッキができるはずです。
対戦相手がいなければTwitterで公式ハッシュタグ「#ZX_TCG」使用している人にアポをとってみたり近くの公認大会に出てみたりしてください。
というか公認大会来て下さいマジで、人がいなすぎてガチで泣けます。



さて今回は以上です。最後にいくつか起こりうる問題点を挙げておきます。

・高コストを入れすぎて低コストが引けない→3コストゼクスの枚数を見てください、16枚は欲しいです。
・相手の高パワーが倒せなくて押し切られる→出される前に押し切るようなデッキにするorイベントで補助してみる
・○○出されると負ける→メタ対策orメタが足りないです。そのカードへの対策カードを増やしましょう
・コンセプト通りに動けない→主にZXRのカードを使用する際に起こりますがメタ対策よりコンセプトに特化してください

最後に、これは自称中級者の個人の組み方なので参考程度にして自分の方法で組むのが一番だと思います。既にプレイ済みの方はこいつダメだなと思ってもそっ閉じしてくださると心にやさしいですw


それではZ/X人口が増えることを祈りつつ終了とさせていただきます
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

われあたま

Author:われあたま
徒然なるままに行きます。情報工学科でごぜぇます
Like:デジモン、遊戯王、東方、ポケモン

カウンタ
twitter
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
【サキガケ⇒ジェネレーション!】情報ページ公開中! 【サキガケ⇒ジェネレーション!】情報ページ公開中!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。