スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ORDER OF CHAOS スーレア以上考察

以下の文章のうちカードの効果は遊戯王wikiからのコピペ転載を利用しています。

今回のパックは第7期第7弾。新規カテゴリとしてゴゴゴ、忍法、フォトン、甲虫装機が登場。
全体として新規カテゴリカードが目立つという印象のパック。全パックから登場したエヴォルド、エヴォルダーも収録されているのに注目したい。

今回ノーレアなのは

・トランス・デーモン
・後に亀と呼ばれる神
・サイコロン
・大革命返し

の4枚。このうち有用なものはトランス・デーモンのみだと思われる。


<トランス・デーモン>
星4/闇属性/悪魔族/攻1500/守 500
1ターンに1度、手札から悪魔族モンスター1体を捨て、
このカードの攻撃力をエンドフェイズ時まで500ポイントアップする事ができる。
自分フィールド上のこのカードが破壊され墓地へ送られた時、
ゲームから除外されている自分の闇属性モンスター1体を選択して手札に加える事ができる。


wikiによれば悪魔族モンスターを手札から捨てるのは効果の一部とのこと。つまり、暗黒界の効果を使用できる。
さらに自身の効果で「暗黒界の門」の除外コストを回収できる。他にも効果を使用すると「ライオウ」を倒せたり、「魔のデッキ破壊ウィルス」のコストにできたりする。


ウルトラ、アルティメットレアは
・CNo.39 希望皇ホープレイ
・No.12 機甲忍者クリムゾンシャドー
・No.96 ブラック・ミスト
・エヴォルカイザー・ソルデ
・甲虫装機 エクサビートル

の5枚。全てがエクシーズモンスターである。

このうち条件はあるが「CNo.39 希望皇ホープレイ」や「No.96 ブラック・ミスト」は戦闘において絶大な力を発揮する。とくに「No.96 ブラック・ミスト」は縛りの無い素材を使えるランク2エクシーズモンスターなのでデッキによってはかなり有用なカードとなる。
が、一方で「CNo.39 希望皇ホープレイ」はそのまま召喚するには素材に光属性レベル4という制限が課せられる。「No.39 希望皇ホープ」は素材に縛りは無いのだがそうまでするとエクストラデッキが圧迫されてしまうことから採用しづらい。
シンクロモンスター強力なモンスターが多いことから「No.39 希望皇ホープ」と「CNo.39 希望皇ホープレイ」は同時に採用することは難しいだろう。


<CNo.39 希望皇ホープレイ>
ランク4/光属性/戦士族/攻2500/守2000
光属性レベル4モンスター×3
このカードは自分フィールド上の「No.39 希望皇ホープ」の上に
このカードを重ねてエクシーズ召喚する事もできる。
自分のライフポイントが1000以下の場合、
このカードのエクシーズ素材を1つ取り除く事で、
エンドフェイズ時までこのカードの攻撃力を500ポイントアップして
相手フィールド上のモンスター1体の攻撃力を1000ポイントダウンする。


<No.96 ブラック・ミスト>
ランク2/闇属性/悪魔族/攻 100/守1000
レベル2モンスター×3
このカードが相手モンスターと戦闘を行う攻撃宣言時に1度、
このカードのエクシーズ素材を1つ取り除いて発動できる。
その相手モンスターの攻撃力を半分にし、
このカードの攻撃力はその数値分アップする。



また既存の忍者というカテゴリが強化され、エクシーズモンスター「No.12 機甲忍者クリムゾンシャドー」が登場。効果によって自分を含めた忍者と名のつくモンスターの戦闘と効果による破壊を防ぐ。
忍者デッキにおいては中々有用な効果だが、それ以外のデッキならば、ターン制限があるが「始祖の守護者ティラス」が同ランク存在するので微妙。


<No.12 機甲忍者クリムゾン・シャドー>
ランク5/地属性/戦士族/攻2400/守1700
レベル5モンスター×2
1ターンに1度、このカードのエクシーズ素材を1つ取り除いて発動できる。
このターン、自分フィールド上の「忍者」と名のついた
モンスターは戦闘及びカードの効果では破壊されない。
この効果は相手ターンでも発動できる。


スーパーレアは
・ガガガガール
・甲虫装機 ギガマンティス
・忍者マスター HANZO
・ダークストーム・ドラゴン
・ツイン・フォトン・リザード
・機甲忍者ブレード・ハート
・発条空母ゼンマイティ
・忍び寄る闇
・エクシーズ・リボーン

の9枚。このうちエクシーズモンスターは「機甲忍者ブレード・ハート」、「発条空母ゼンマイティ」の2枚、融合モンスターが「ツイン・フォトン・リザード」、デュアルモンスタ-が「ダークストーム・ドラゴン」さらには魔法、罠カードと選り取り見取り。
今回のスーパーレア枠のうち専用のしかも比較的新しいカテゴリで真価を発揮するカードが多く、それらの考察は省略する。
上記に当てはまらないのは「ダークストーム・ドラゴン」「忍び寄る闇」「エクシーズ・リボーン」の3枚。
特に「ダークストーム・ドラゴン」は最上級モンスターではあるがドラゴン族デュアルモンスターであるので「スーペルヴィス」などによって特殊召喚しやすい。効果は表側魔法、罠カード1枚を大嵐にするというなんとも豪快な効果。攻撃力も2700と中々。ただ欲を言えばトリシューラやダムドを倒せるラインまで攻撃力が欲しかった。


<ダークストーム・ドラゴン>
星8/闇属性/ドラゴン族/攻2700/守2500
このカードは墓地またはフィールド上に表側表示で存在する場合、
通常モンスターとして扱う。
フィールド上に表側表示で存在するこのカードを通常召喚扱いとして再度召喚する事で、
このカードは効果モンスター扱いとなり以下の効果を得る。
●1ターンに1度、自分フィールド上に表側表示で存在する
魔法・罠カード1枚を墓地へ送る事で、
フィールド上の魔法・罠カードを全て破壊する。


「忍び寄る闇」は墓地コストでレベル4闇属性モンスターをサーチする。戦士族における「増援」のように闇属性デッキでは機能する。闇属性ならば「闇次元の開放」を採用することでコストとしたモンスターを特殊召喚もできる。ただ、闇属性では墓地を肥やすことが重要な場合が多く、2枚もの墓地の損失で手札1枚をレベル4闇モンスターに変えるのが必ずしも有効ではないことを気をつけたい。


<忍び寄る闇>
通常魔法
自分の墓地の闇属性モンスター2体をゲームから除外して発動する。
自分のデッキから闇属性・レベル4モンスター1体を手札に加える。



そして「エクシーズ・リボーン」はエクシーズ素材を付けてエクシーズモンスターを蘇生させる通常罠。これまで「死者蘇生」や「リビングデッドの呼び声」では墓地からの蘇生時にエクシーズ素材は無かった。このカードの登場で1枚だけではあるが素材のある状態で蘇生できる。また、素材は1枚だけであるので2枚使うような効果は残念ながら使えない。


とりあえず以上がスーレア以上(ノーレア含む)の考察。「エヴォルカイザー・ソルデ 」、「甲虫装機 エクサビートル」は同カテゴリのノーマルカードと一緒に考察する。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

われあたま

Author:われあたま
徒然なるままに行きます。情報工学科でごぜぇます
Like:デジモン、遊戯王、東方、ポケモン

カウンタ
twitter
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
【サキガケ⇒ジェネレーション!】情報ページ公開中! 【サキガケ⇒ジェネレーション!】情報ページ公開中!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。