スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Z/X パワー10500

4弾で登場したサイクロトロン。その効果の強さもさることながら脅威のパワー10500
B04-036.png


アサギで突破できないそのパワーは対策必須??

ということでパワー10500ラインについて考えてみました

案の定個人的見解なのであしからず



~そもそもサイクロトロンの他に10500以上は何がいるのか?~

誇りのフィエリテ10500

草華竜アイヴィーウイング11000

機鋼竜ドライブピニオン11000


実は効果を使用しない素の状態ではこの3枚のみ。

効果ありでさらに以下のカードが存在。

巨獣ウェアライノ10000+5000

混沌の大蛇 ヤマタノオロチ8500+2000

刀の武人 龍膳9000+3000

四大天使 ウリエルAT7500+5000

魅惑の七支刀 月下香5000+α

黒剣カースドソウル7500+3000

骸骨虚人ヒュージゴーレム8500+2000


~アイツ(サイクロトロン)厄介~

さて400種以上あるカードプールの中で1枚でそのパワーに到達するものは同カード除いてたったの10枚。

これだけだと他のカードを使えばいいじゃないと思うのですが

サイクロトロンを視野に入れた場合、現在固有能力となっている「<常>絶界」が問題になってきます。

この能力により、~を選んでといった効果をサイクロトロンに対して使用できない、
簡潔に言えば赤のダメージ系、青のバウンス系、白のパワーダウン系、黒の破壊系、緑のリソース送り系といった主要効果をほぼ無効化という感じか。

これによりリソースブーストを無視して考えると
先攻最速で出された場合に返しでサイクロトロンを破壊する手段が非常に限られてきています。


~最速で出されると~

お互いリソース7で考えると
・上記のうち7コスト以下の10500以上であるゼクスを出す
・3コストゼクスと4コストゼクスで5000+6000など
・「エクスターミネイション・フロウ」+3コスト5500
・3コスト5500となるゼクスと3バニラ以上
・ライカンスロープ+ウェアスクワール

辺りが現実的でしょうか.
ゼクスのみで対処する場合デステニーベインの対処との大きな違いは
3コストバニラ2体や4コスバニラと2コス、6コスバニラ1体では倒せないこと、ノーマルスクエアでも効果の大半を受けないことでしょうか。

他だと
・赤黒リソースリンク2下での深淵の凶刃フレイムコープス
・スケルタルダンサーやスパークランチャーで10500になれるゼクスを出す
・クレアシオン効果でゼクスを出して総攻撃
・イモータルキングでスケルタルナイト(3バニラ)をだして総攻撃

が可能ですが条件が手札以外にかかっているので確実とはいえません。

さらには上記パワー10500以上のカードのうちオロチ以外は最速7リソース時に条件を満たしているのは非常に困難(一定以上のトラッシュやリソースの数が条件なため)です。


相手のプレイヤーカードが雷鳥超であったならこういった処理できるカードを握っていくようにしたいですね。


~中盤以降で出されたら~
中盤以降でサイクロトロンを出されたのなら色々と対処法が増えてきます。
それは、リソースが増えているためにイベント含む複数枚カードをプレイすることが容易であったり、
前述の条件下でパワー10500になるカードが使いやすくなっているからです。

また、ウィニーであれば出される前に決着をつけることも可能です。

このとき重要になってくるのがパワー11000以上になれるカードです。

サイクロトロンの1撃に耐えることができるのは非常に大きい。うまくいけば1、2点のダメージを抑えることにも繋がります。

さらに11000の2体はパワーが高いだけでなく優秀な効果を持っているため、効果で10500を超えるゼクスよりも良い場合が殆どです。

~まとめ~

対策するしないはデッキによってまちまちですが対策を強いられることがある時点で十分サイクロトロンは強いカ-
ードなのでしょうね。

それに従って必然的に10500ラインの重要性が上がるんだと思います。実際どう流行するかはわからないのですが・・・

3弾のデステニーベインのときもその対策のためにパワー9500の6コストバニラやパワー10000のアサギの採用率が上がったようにパワー10500や11000のゼクスが採用率上がるんでしょうね

また、3コスト2体で対処するために多少の種族シナジーを無視しても3コスト5500となるゼクスの投入も増やすと良さげですね。

結論:対策するのを強いられているんだ!!(集中線)
スポンサーサイト

祝☆Z/X4弾発売!! +デッキ構築近況とか

本日4月26日はZ/X4弾 黒騎神の強襲 発売日です、いえーい!!

まぁ各所でフラゲされてて昨日には既に多くの方が手に入れていたのではないでしょうか。

そんな中田舎の定めとして発売日から販売の自分は今日やっと買いにいけましたw
お金なかったので2箱だけですが・・・

で、なぜか白SRホロがそれぞれ出てきて青のSRが0枚ですた

・・・ん?おかしいよね、ここ、青の世界だよね(遠い目

とまぁ残念なことになりつつスプリングキャンペーンもあるしクイックスタートデッキ買おうk・・・

店員「うちロット少なくてキャンペーンやれないわwww」俺「」

は?  え?  嘘でしょ?
なにやら24箱?24カートン?とりあえずそのぐらい入荷しないとつけられなかったそうです。店の都合なのかブロッコリーの都合なのか知りませんが
1.5弾のIGR5種が再録らしいのでそれを目当てに買おうと思ったのですけどね・・・ギコギコのホロ欲しかったんですけどね・・・

あの、泣いていいですか?


んで話変わりましてベガ様の紹介のときにちょこっと言ったレシピを仮の状態ですがさらしておこうかと
このデッキは人生初のフルホイル予定なので慎重に組みたいところ・・・A-Zとミスアドは4枚真っ先に確保したいです・・・

ベガ様デッキ(仮)
ウルティオー 1
ミモザ 4
ミスティックアドベンチャー 3
ベネトナシュ 4
アルファルド 4
ソリトゥス 3
フェクダ 2
ミセリア 2
ボーイミーツ 2
ホルスティオ 4
葬送牙 3
アリス 4
Honey-One 4
カースドソウル 2
A-Z 2
ゴプリオン 1
ベガ様 3
デステニーベイン 2



ちょっとA-Zと他高コストで悩んでます。6バニラ抜いてサイクロトロンとかA-Z抜いてなんか入れるとか・・・
正直6コスト帯でアサギやオロチといったオーバースペックがあるので枠なければ6バニラ要らないかなって(適当
一応A-Zを使う前提でレシピは組んでいます。

ただ緑が無いのでA-Z以外にベインしかあふれる手札を消費しきれないのでA-Z抜くならボーイミーツや埴輪等減らしてソドレヴォ等イベント追加するべきかなと思います。

Z/Xを始めてみようという人へのデッキ講座的なやつ 番外編

昨日の記事のやつの補足というか穴埋めというか、そんな感じ。

ゼクスのパワーについて一応全種類やっておくべきかなって思ったので。


1000・・・シュペーア
B02-062.png

1500・・・フレイムコープス
B02-064.png

2000・・・蘭丸、シェアト
B02-001.png B02-022.png

2500・・・デスティネ、イレイス(F)
B04-041.png F05-001.png

3000・・・アヴィオール、ゴールドピーコク
E01-005.png B01-004.png

3500・・・略

4000・・・クピディタース、スピカ
P01-016.png B01-027.png

4500・・・ルビーハウル、ウェアヘッジホッグ
C01-003.png B03-083.png


5000・・・デネボラ、ルリジッサ
E01-006.png B01-088.png

5500~6000・・・略

6500・・・皐月、レモンバーム
E01-018.png B01-090.png

7000・・・ガムビエル、ハンニバル・バルカ
B03-051.png E01-003.png


7500・・・菖蒲、クレプス
B01-092.png B02-075.png

8000・・・清廉フィエリテ、バークリウム
C01-002.png B03-036.png

8500・・・刃ズィーガー、ローレンシウム
C02-002.png B02-036.png

9000・・・木蓮、バルバルス
E01-019.png E01-016.png

9500~・・・略


以下解説とか

~1000~
シュペーアのみ。2コストだが最低パワーな上にIGフェイズでのみ効果を発揮するので普通に登場することは殆どない。

~1500~
フレイムコープスのみ。またしても黒のカード。どちらも4コストまでを破壊できる効果なので普通に戦えるパワーだとバランスが崩れるためか。
こちらは攻撃でダメージを与えたときのみ発動するが相手に割り込む隙を与える。

~2000~
シュペーアと同じくIGフェイズでのみ発動する効果持ちなどが存在。攻撃されればまず間違いなく破壊される。
フリーカード版のデスティネはこのライン。卑弥呼の効果1回で破壊されてしまうので注意。

~2500~
製品版デスティネやフリーカード版イレイスなど。
クイックスタートデッキにて製品版と同じ材質のフリーカード版イレイスが再録。
製品版と違ってIGアイコンを持っているので便利。

~3000~
コスト問わずパワー5000以下をバウンスするアヴィオールや最低コスト2レンジ持ちのゴールドピーコクのライン。

~4000~
クピディタースやスピカのライン。目立つカードのラインというよりも効果なしで2コストが倒せないラインといえる。

~4500~
効果でパワー5500となれる3コストのライン。特にIGを持っているルビーハウルとウェアヘッジホッグが目立つ。
また、効果持ちスタートカードは全てこのライン。
B02-066.png


~5000~
3コストバニラカードのラインかつ4コストでの強力な効果を持ったカードのライン。
条件さえ満たせば登場時1ドローのデネボラや破壊されるとリソースになるルリジッサが存在。特にルリジッサを採用しているデッキは3ターン目にリソースを6にできるので5コストのゼクスが少ない構築の場合が多い。

~6500~
4コストバニラカードのラインかつ5コストでの強力な効果を持ったカードのライン。
緑のホウライ軸で採用される皐月や同じく緑のプラセクト軸で採用されるソーンクレストが存在。ソーンクレストは効果で6コストバニラカードと同等のパワーになれる。
B02-090.png

~7000~
ルールに介入する効果を持つガムビエルや手札の「エレファント」と名のつくカードをノーコストで6000ダメージを与えるカードにかえるハンニバルが目立つ。ハンニバルはデッキのコンセプトにもなりうる優秀な効果。

~7500~
取りあえず置いたリソースや増えたリソースを回収できる菖蒲、トラッシュから7コスト以下をリブートで呼び出す効果を持つクレプスのライン。
他にはコスト問わずゼクスを破壊できるブレイクストライカーや赤で採用される可能性のあるアポロンが存在。
B03-075.png B02-014.png

~8000~
相手プレイヤースクエアにも影響を及ぼす効果を持つ清廉フィエリテや同種族にレンジ2を与えるバークリウムが存在。
5コストバニラカードのラインでもある。

~8500~
デッキにバウンスする効果のローレンシウムや奇数コストを破壊する効果の刃ズィーガーのライン。プレイヤーが綾瀬なら3,5,7、9コストの扱いに注意したほうが良い。一応、オロチの素のパワーはここ。
B04-013.png


~9000~
特に目立つのは黒緑で使用される木蓮とバルバルス。木蓮は2枚と菖蒲で手札→場→チャージ→リソース→手札とサイクルを回せたりする。
バルバルスは効果のコストこそ重いものの相手のコスト問わず破壊でき、パワーも低くないので強力。また、フィーユの効果でも登場してくるので厄介。



はい、こんな感じです、疲れたw

取りあえず
代表的なものを挙げてみました。毎回のことですがあくまで主観的な意見ですのでデッキ構築の際の参考程度にお願いしますね。

Z/Xを始めてみようという人へのデッキ講座的なやつ その3

5.実際に組んでみる
では実際にデッキを組むとしてどうするかというと、
デッキレシピを探してきてそこから自分で改変を入れていくパターンと1から作るパターンがあります。

TCGで大会優勝デッキの完コピーを作るのは慣れたり強くなる上で重要だとは思いますがデッキを作るという楽しみを失ってしまうことはとても残念なので使わない、使うとしてもできれば改変を入れましょう。そのほうが勝ったときの喜びが倍増します。
また、某国民的カードゲームと違い運要素も多少入っているのでおそらくどんなデッキでもしっかり組めば勝つことができるので1から作っても楽しむことができます。

従って、今回は1から作るパターンを使います。
今回は黒獣の闘剣と黒焔の秘石を1つずつ使ってみます。

まずはじめに、これらのことを考える必要があります。

・コンセプト
・IGアイコン持ちカード
・メタ対策

まずはコンセプト。
これは使用する色だったり種族だったりをある程度統一する、特定のカードを主軸にする、低コストで攻める(ウィニー)が例として挙げられます。

今回は
赤と黒で組む ズィーガーを使う 低コストで攻める
と決めてみました。

よってまずはズィーガーを採用。
漆黒の刃 ズィーガー ×2
上柚木綾瀬 ×1 (プレイヤーカード)

次にIGアイコン持ちカード。
ズィーガーを使うのでチャージ関連のカードを採用。
デッキの色は赤と黒なのでなるべく色を分けること。

今回は低コストで攻めるので2コストのカードを多めに使います。
蠱惑の魔人ラスキウス(F) ×2
罰の魔人 ポエナ ×2 (VB)
聡明な銀 シルバーフォックス ×2 (VB)

そして3コストはパワー負けしないようにパワー5000を主に採用します。
孤独の魔人 ソリトゥス ×4
紅の牙 ルビーハウル ×1
骨蛇 スケルタルヴァイパー ×4
かぼちゃお化けのジャックランタン ×2 (LR)
厳しい杉石 ルブライトエレファント ×2 (LR)
月影葬送牙 ×1

最後はメタ対策ですがいかんせんカードプールが少ないので万全とは言えませんが、
デステニーベインに破壊されない4コスト以上ゼクスと1撃で倒せる6コストバニラを採用
支配の魔人 イムペリウム × 4
獰猛な虎目石 タイガーズアイ ×3 (ES)
鋭い黒曜石オブシダンアリゲータ ×2
接合魔人 ヒュージコープス ×2

さて、ここからは足りなそうな部分を追加していきます。
ここから先は慣れないと何が足りないのか全くわからなくて戸惑ってしまうところです。
本当なら実際に対戦して変えていくとわかりやすいのですが・・・
とりあえず困ったら今までにデッキに入れたカードと似たようなカードをコストのバランス(4のマナカーブ関連)をみながら入れていきましょう。


この時点でイベントが1枚だけというのは相手ターンに動きづらいのでイベントを増やします。
今回はこちらが低コスト主体なのでダメージ補助や高パワー対策として
相手のゼクスにダメージを与える、破壊するカードを選びます。
爆散する石炭 ×2
ファングクラッシュ ×4

イベントは10枚より少ないほうが無難です。3~6でしょうか。

さらに低コスト主体なので手札の消費が多いだろうと推測して回収効果を持ったカードを採用します。
冥司教 スケルタルビショップ ×3



さてここまでで42枚(プレイヤー除く)。何か忘れていませんか?
そう、スタートカードです。今回使用する構築済みデッキには効果持ちスタートカードは収録されていないのでバニラを採用します。
ついでに3コスト増加もかねて複数採用しておきます。
死の鎖 ケッテ ×4 (スタートカード)

残り4枚。残念ながら良さげなカードが残ってないので3コストを入れておきます。
ちょうどパワーアップする効果を持っているカードがあったので採用。
俊足の電気石 トルマリンホーク ×4

はい、一応完成です!

ちょっと早めだったけど流れはつかめていたと思います。黒獣の闘剣2つ使ったほうが強いなんて言わない。
一応構築済みデッキ1つとスタートセット1つに収録されているカードからデッキが組めましたね?


ちなみにリソースカーブはこんな感じ

1 0
2 ********8
3 *************************25
4 ********8
5 **2
6 ****4
7 ***3

6.デッキを組んだ後に

前章でとりあえずデッキが完成したわけですがカードプールが乏しくてちぐはぐなカンジなのは否めません。
が、VB、LR、ES、プレイヤーカード参照効果、チャージをコストとする効果などといった基本的なものはつめこんであります。
慣れるには十分なデッキだと思います。
1つデッキが完成すれば誰かと対戦してみてください。やっぱりこれいらないとか、こんな状況が多いから打破するカードが欲しいとか思うはずです。
それを考えてカードを入れ替えていけばいつかは納得のいくデッキができるはずです。
対戦相手がいなければTwitterで公式ハッシュタグ「#ZX_TCG」使用している人にアポをとってみたり近くの公認大会に出てみたりしてください。
というか公認大会来て下さいマジで、人がいなすぎてガチで泣けます。



さて今回は以上です。最後にいくつか起こりうる問題点を挙げておきます。

・高コストを入れすぎて低コストが引けない→3コストゼクスの枚数を見てください、16枚は欲しいです。
・相手の高パワーが倒せなくて押し切られる→出される前に押し切るようなデッキにするorイベントで補助してみる
・○○出されると負ける→メタ対策orメタが足りないです。そのカードへの対策カードを増やしましょう
・コンセプト通りに動けない→主にZXRのカードを使用する際に起こりますがメタ対策よりコンセプトに特化してください

最後に、これは自称中級者の個人の組み方なので参考程度にして自分の方法で組むのが一番だと思います。既にプレイ済みの方はこいつダメだなと思ってもそっ閉じしてくださると心にやさしいですw


それではZ/X人口が増えることを祈りつつ終了とさせていただきます

Z/Xを始めてみようという人へのデッキ講座的なやつ その2

3.パワーライン

 さてデッキを組むにあたって重要な要素としてパワーラインがあります。
これはZ/Xというカードゲームが相手のターンに行動できる時が少ないことから特に重要になってきます。
まずバニラカードのパワーライン。※バニラとはTCG用語で能力無しのこと 

3500・・・2コスト  5000・・・3コスト  6500・・・4コスト
B02-061.png  B01-045.png  B01-089.png

8000・・・5コスト  9500・・・6コスト
B02-013.png  P01-019.png


2~6コストにバニラカードが存在します。これは同コストのカードでは例外を除きそのパワーを上回るものは基本的に存在しないという基準になります。また、パワーはコスト×1500+500という法則があります。
 つまり例として先攻2ターン目に4コストのバニラカードを出したとすると、後攻は4コストのバニラカードを出さなければ1枚で処理できない、
あるいは2枚使って1枚を処理するといったことになります。これは良くない状況です。
 また、強力な効果を持つカードで同コストのバニラカードより大幅にパワーが下がっているものも存在するので6コストのゼクスを4コストで倒すなどといったこともでき、
カードのプレイにリソースを使用するZ/Xでは有利に進めることができます。

続いて効果持ちゼクスカードでの重要なパワーラインはこうなります。

5500・・・ジャンヌ、アテナ
B02-009.png  B03-006.png

6000・・・リゲル、四足ズィーガー
B01-034.png  B01-070.png

9500・・・デステニーベイン、フィーユ
B03-077.png  B02-096.png

10000・・・アサギ、月下香
B03-033.png  B02-092.png

10500・・・サイクロトロン、誇りフィエリテ
B04-036.png  B01-056.png

11000・・・アイヴィーウィング、ドライブピニオン
B03-097.png  B03-037.png


これは順番に説明していきます。が、はじめたばかりの人にはわからないとは思いますが何枚か実際のカード名と効果を紹介しています。ここに挙げたカードはいわゆる強カードでありしばしば遭遇するものです。今は無理でも後々覚えると良いと思います。今はこのカードがこのパワーなんだということを知ってもらうことを優先しています。


~5500~
これは主に赤のブレイバーという種族のキーカードのパワーラインという面と、
3コスト以下や、IGアイコン持ちゼクスの多くがパワー5000以下であり(効果で5500になるカードが少数存在)それに攻撃されても耐えるというライン。ブレイバーでのバーンダメージは5000(または3000+2000)が多くそれを耐える点でも優秀。

~6000~
4~5コストでの強力な効果のカードのライン。特に強力なソードスナイパーリゲルはこのライン。

~9500~
手札1枚でノーマルスクエアの3コスト以下を好きなだけ破壊という破格の効果を持ったデステニーベインのライン。
IGアイコン持ちのゼクスは3コスト以下なので非常に厄介。また6コストのバニラカードのラインとも重複しているため重要。

~10000~
まさかの日本一ソフトウェアの隠しキャラであるアサギが参戦。
6コストでこのラインであるためバニラを超えている。デメリット効果持ちであるがこのパワーは強い。
また、リソース10での月下香もこのラインになる。


~10500~
4弾で登場するブレイバーの天敵サイクロトロンと6コストで効果により10500に到達するオロチのライン。
前述のアサギの攻撃や、5000×2といった10000ダメージも耐えることができる。
B04-013.png

~11000~
現状効果不使用での素のパワーで最高のパワー。さらに、放置すると大変なことになるアイヴィーウィング等のライン。

もう一度述べますが、ここで名前が出てきたカードは特に採用率があったりなど“強い”カードです。これらの対処法をデッキに入れることが構築の第一歩といえます。

4.マナカーブ(リソースカーブ)
これはMTGの用語「マナカーブ」と同様です。この場合Z/Xではマナではなくリソースなので「リソースカーブ」とでも呼んでおきます。
簡単に言うとデッキ内のカードのコストの比率をグラフにしたときの曲線のことです。
今回は縦軸コスト、横軸枚数として表してみます。
構築済みデッキでは以下のようになります。

黒獣の闘剣
1 0
2 ********8
3 *********************21
4 ******6
5 ***********11
6 **2
7 **2

天使の自愛
1 ***3
2 *******7
3 ******************18
4 ******6
5 **********10
6 ******6
7 0

色によって入れないコスト帯がありますがちょっと4コストと5コストの枚数が逆のほうが良いと個人的には思います。
よって、

1 0
2 ******6
3 ******************18
4 ************12
5 *****5
6 ******6
7 ***3

このぐらいを目安にすると良いかと思います。
ここで知っておくことは3コストと4コストは最初の2ターンで特に引きたい(3コストは初手にないと事故)ので枚数を多くしなければならないことです。また、1コストのゼクスは存在しません。

Z/Xを始めてみようという人へのデッキ講座的なやつ その1

注意
・この動画はZ/X自称中級者の主による初心者のためのデッキ構築講座です
・基本的にフリーカードでしかZ/Xやったことがない、とりあえず自分でデッキを組みたいけどどうしたらいいかわからないといった方が対象です
・個人の組み方なので人によって違うことはご了承ください
・強いデッキ作りではなく構築のための知識を理解することを重視しています
・ルール等は詳しく説明しないので優良な動画や公式サイト、フリーカード冊子を参考にしてください
・4弾発売まで1週間を切った時点で作成しています。

さて4弾発売もありCM開始等メディア露出も多くなってきたので新しくZ/X始める方も増えたと思います。
 そこで今回は基本的なデッキを組むにあたっての知識と、4/26発売のクイックスタートデッキ、現在好評発売中の構築済みデッキを使用した参考用デッキレシピを紹介してみます。
 それではいってみましょう。


1.カードの種類

Z/Xには大きく分けて3種類のカードがあります。まずプレーヤーカード。そして、他のTCGでのモンスターに当たるゼクスカードとイベントカードです。
また、ゼクス、イベントカードにはそれぞれにアイコンと呼ばれるものがついたカードが存在します。

B01-045.png B03-012.png


 左のカード真ん中左側にあるアイコンをイグニッションアイコン(以下IGアイコン)、右のカードの同じ位置にあるアイコンをエヴォルシードアイコン(以下ESアイコン)と言います。IGアイコンを持つカードはデッキにちょうど20枚入れなければなりません。ESアイコンを持つカードには枚数制限はありません。

 IGアイコンを持つカードのうち特殊な能力を持っているカードがいくつか存在します。左のカードがライフリカバリー(以下LR)、右のカードがヴォイドブリンガー(以下VB)という能力を持っています。

B02-023.png B02-061.png


これらはライフから登場する際のみ、その特別な効果を発揮します。また、LRとVBはデッキに各4枚までという制限があります。

2.デッキ構成

先ほども出てきたIGアイコンはデッキに20枚ちょうどという制限。述べてなかったのですがデッキ枚数は50枚、つまりデッキは

IGアイコン20枚 非IGアイコン30枚 プレイヤーカード1枚

B01-001.png  B02-096.png  P01-001.png


の計51枚が基本構成となっています。
また、プレイヤーカードは無くてもかまいません。
さらに同名カード(完全一致)は4枚まで入れることができます。


そして現状LRのカードを入れないことによるメリットはないのでIGアイコン持ちのうち4枚はLRで確定されます。

Z/X 公認大会 4/23

はい、Z/Xしたかったので公認行ってきました。
公認に出ない人たちはおそらくショップではやってないので公認いくしかZ/Xができないというむなしさ・・・

使用したデッキは前回と同じ赤青ブレイバー。レシピも前回記事参照。

電車賃かかるので気分を上げるためにプレイヤーカードを3弾IGRにして挑戦

公認(4人スイスドロー)

1戦目 菖蒲イリュジオン(菖蒲見えなかったけど白黒緑だったから多分) ○
序盤はIGも捲れず硬直した場だったが自軍角にリゲルを置いたところから一気に攻めて7ターンほどで勝ち 4-0

2戦目 赤t青黒 ○
コンセプトがよくわからんデッキ。ズィーガーやジアビス入れてたりしてチャージ増やしてたから多分ズィーガー軸のグッドスタッフ。序盤から捲るも相手の方が先に赤青リソリン発動させてダハーカ3回は置かれたせいで自軍リゲルもすぐ蒸発するもこちらのIG捲り率が高かったのもあって10何ターンあたりで勝ち 3-0
こっちがリソース2余ってる状態でズィーガーがアルフェラッツ殴って効果でリブートしてきたけどあれなんだったんだろう、使わせたかったにしてはディスアドな気もしたけど・・・

というわけで前回に引き続き優勝!!

景品は1弾3パック!!・・・・・・出たのは三成でしたorz

これで3弾環境は終了ですね。新潟は明日はフラゲまだどこもできないのでおとなしく発売当日に4弾は買います。色々と要注意カードが増えるのでその辺の対策を考えておきたいですね

4/20 公認大会 Z/X 赤青ブレイバー レシピとか

公認大会行ってきました。おそらく3弾環境最後だったので前日に赤青ブレイバー組みましたww
参加人数4人スイスドロー


1戦目 エンジェル○
先攻。まさかの初手事故。リソース置いてターンエンド。返しに休日使ってIG捲りつつ攻める。前にやったことある人でしたがそこまでやってる人ではないのでその後は普通に攻めて7ターンで勝ち。4-0

2戦目 黒緑プラセクト○
後攻。初手リソースにダハーカ、3ターン目にハンドにシェダルと中々の出だし。3ターン目と5ターン目にリゲルが引けたのでちまちまと殴る。IGは1枚/ターンぐらいだったのでそこそこアドを取りつつLR1回を挟んで9ターン目ぐらいに勝ち。3-0

というわけで参加人数4人だったので見事優勝です!!
景品はオーラパサランホロとパック2つ。2弾を選び、パックからはエトワールホロでしたとさ。
なんで再録決定したホロ(イラスト違いだけど)が当たるのか・・・

あと赤青ブレイバーはつおい

以下レシピです、参考程度にどうぞ。

各務原あづみ1
アルフェラッツ1
貂蝉4
卑弥呼4
アルテミス4
ルビ-ハウル4
ベネトナシュ4
デネボラ3
ジャンヌ4
沖田総司1
アテナ3
アポロン2
リゲル3
シェダル4
アジ・ダハーカ4
アサギ3
休日のアトリア2

アドミニストレータ ベガ

ベガ様ぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!!!!

・・・・・・ふぅ


というわけでZ/X4弾収録カードの「アドミニストレータ べガ」です。
BGxv1iSCcAA8nSG.jpg


ふつくしい・・・


設定としては1.5弾収録の「アドミニストレータ デネボラ」から存在はしていましたね。

そしてこのカードのフレーバーよりリゲルの裏切りが露呈してしまったようですね、どうなることやら
それとこのカードとサイクロトロンがSRということでtypeⅠA-ZがZXRでほぼ確定でしょう。お値段が大変なことになりそう

あと余談ですがこの見下してる感じ最高ですね、ありがとうございます

ベガ様を使ったデッキは思考中なのでまとまったらレシピでも公開する予定です

Z/X関東オフ会お疲れ様でした!!

新潟勢のくせに関東オフ会に参加してきましたw

使用デッキは緑単で0-1、清廉ブレイバーで7-2で結果7-3でした。後一勝でパック貰えてた可能性が高かったと思うので悔しかったですねw

清廉ブレイバーは前回の綾瀬杯で使用したものをほんのちょっと変えただけです。HS出られないので3弾環境最後の大きな大会?だったのでそれなりの結果が出て満足。

今後は4弾の情報しだいですがサイクロトロンの10500ラインが重要になると思うので誇りのフィエリテの枚数を増やしたりとしたほうがよさそう・・・


そんなこんなです
プロフィール

われあたま

Author:われあたま
徒然なるままに行きます。情報工学科でごぜぇます
Like:デジモン、遊戯王、東方、ポケモン

カウンタ
twitter
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
【サキガケ⇒ジェネレーション!】情報ページ公開中! 【サキガケ⇒ジェネレーション!】情報ページ公開中!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。